行政書士はホームページをつくるなら開業時がおすすめ

2013年9月9日

行政書士の場合、ホームページはいつ作るのが最も効率的でしょうか?

実は開業前後が一番効率よく制作することができます。単純に時間を取りやすいという理由だけではありません。

開業後しばらくたってからだと難しい理由

開業数年後、ホームページをまだつくっていないからと制作に取り掛かることも悪くはありません。

ただ、問い合わせの電話や打ち合わせ、書類の作成や細々した事務作業まで、やることというよりもやらなければ事務所が回らなくなる事情が既に沢山発生してしまっていませんか。

また、開業後の苦しい時期をホームページなしで乗り切れたのですから、あなたの営業スタイルはアナログ的な営業に最適化されているかもしれません。

行政書士ならではの問題

弁護士や税理士、会計士や司法書士などの場合は試験科目と実務の相関が強く、試験勉強の内容を実務のそのまま活かせるケースが多いと言えます。
弁護士の場合は司法修習がありますし、公認会計士は登録前に実務経験が必要ですから、独立の際にはある程度実務経験を積んでいることになります。

行政書士の場合、その他の士業に比べると、試験と実務の相関が非常に希薄です。
行政書士事務所の求人も決して多くないため、実務経験を積んでから独立というのが難しい事情があります。

開業前後が効率的な理由

独立する際に食べて行けるほどのお客様を既に確保している方はそれほど多くありません。大半はこれから獲得していく必要がある方でしょう。

開業準備等の忙しさはありますが、問合せもないですし、とりかかる業務もまだありません。それどころか、実務経験なしで独立された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実務の習得とホームページの制作、2つ同時に進めるのはちょっと…。とお感じになりましたか?

実務の習得とホームページ制作を同時にする方法

特殊なことは必要ありません。ざっくり言うと以下の3ステップだけです。

  1. 調べる
  2. まとめる
  3. 文章化する

より詳しい内容は次回掲載します。

行政書士の開業時に最適。誰でも簡単に運営できるホームページはこちら!