ホームページリースにご注意!

低価格のホームページ制作を探していて「0円(もしくは9800円などの超低価格)でホームページを制作します!」といううたい文句を目にされたことはありませんか?

その実態はホームページ制作ではなく、ホームページのリースだったりします。なかにはろくにリース契約であることを説明しない営業マンもいると聞きます。

ホームページ制作のような役務の提供はリース契約の対象とはなりません。そのため、便宜的にPC本体やソフトウェアなどをリースする形をとって「初期費用¥0!(ただし月額3万円の5年契約、など)」のような契約を締結します。

そのお金はどこに払っている?

リース契約の場合、ホームページ制作会社にリース会社が制作料金を一括して支払います。お客様はリース会社に月額費用を支払います。
では制作会社が倒産した場合はどうなるのでしょう?

リース会社はホームページを管理していません。管理しているのは制作会社です。
この場合、他の業者に引き継がれるならまだいい方で、ホームページそのものが無くなってしまうというケースもあります。

しかし、外形上ホームページそのものではなく、PC本体やソフトウェアをリースしている形になっています。
制作会社が倒産しても、リース料金は発生し続けることになります。

そうなるとせっかく高いお金をかけて制作したホームページは見られなくなっているにも関わらず、毎月の料金は契約期間中払い続けなければなりません。