行政書士のホームページとは3

2012年11月7日

行政書士のホームページを制作するうえで重要なこと。その3回目です。
前回までで公開当初の完成度よりも「更新し続けること」「更新し続けやすい仕組み作り」が重要、とお伝えしてきました。

【前々回記事】行政書士のホームページとは
【前回記事】行政書士のホームページとは2

更新を簡単にしてくれる仕組とは

簡単に更新しやすい仕組の1つに【CMS】というものがあります。
CMSとは、Content Management System の略です。

【参照】コンテンツマネージメントシステム(Wikipedia)

このような仕組みを利用するのも1つの手でしょう。

ホームページ本体の制作もそうですが、全てを自分でやろうとすると、とても時間がかかります。
ご自身でしかできない部分以外は思い切って任せてしまい、事業展開をスピーディに進めましょう。

各ページの内容(コンテンツ)や事務所の方針、ご自身の想いなどをしっかり伝えるようにした方が、全体として良いホームページになる可能性は高まります。
ご自身でしか担えない部分をしっかり伝えることが何よりの差別化になるからです。

士業ウェブにご依頼いただければ、HTML、CSS、サーバー、ドメイン、CMSなどの知識はほとんどいりません。デザインの知識もいりません。

掲載するページの内容(コンテンツ)を作成することにほとんどの時間をお使いいただけます。
ホームページ制作に関するご相談は無料です。まずはお問い合わせください。

面倒なことは全てお任せください。差別化をしっかり図ってより良いホームページを。