ブラウザって何?その1

2012年12月18日

ブラウザってご存知ですか?

このページをご覧の方が必ず使っているソフト、それがブラウザです。最も有名なのはInternetExplorer(インターネットエクスプローラー)です。Windowsが入っているPCには必ず最初からインストールされています。「青いeのマーク」といった方がなじみがあるでしょうか。

この「青いeのマーク」=「インターネット」という理解の方も大勢いらっしゃるでしょう。
実はこれ、使わなくてもインターネットを見ることはできます。

Macユーザーの方はそもそもインストールされてませんし、スマートフォンにもほとんど使われていません。

インターネットを見るソフトの総称がブラウザです。Macユーザーの方にとっては方位磁石のマークの「Safari」がお馴染みです。

今、一番人気があるのがGoogleが開発した「GoogleChrome(グーグルクローム)」です。シンプルな画面構成と高速表示、自分好みの機能を追加出来る点などが高く評価されています。

他にもFirefoxというブラウザは、開発者向けの追加機能が豊富にそろっており、Chromeの登場前は一番人気がありました。

ブラウザが違えば見え方が違う

実はこのブラウザによってホームページの見え方が変わります。ブラウザの違いだけでなく、それぞれのバージョンの違いでも変わります。

ウェブ制作会社が軒並み頭を痛めているのが、どのブラウザについて、どのバージョンまでサポートするか、という点です。

一番大きな問題を抱えているのが実は最も有名なInternetExplorerです。