問い合わせフォームの効果

2012年9月6日

お問い合わせ窓口として何を用意していますか?
電話・メール、というのがほとんどだと思います。

ところがホームページにメールアドレスを掲載して暫くすると大量の迷惑メールがやってきます。

全世界で流通しているEメールの7~8割はスパムや迷惑メールだと言われています。迷惑メール業者が1つ1つメールアドレスを収集しているわけではなく、全て自動的にアドレスを収集したり、文字の組み合わせを総当たり的に自動生成して迷惑メールを手当たり次第送信しつづけるプログラムによって送信されています。

ほかにも

  1. 必要な情報を入手しやすい
  2. 分類しやすい
  3. 入力項目が明確
  4. 自分用PCでなくても利用できる

というようなメリットがあります。

フォームの場合、回答してほしい項目を指定できるので、必要な情報を得やすくなります。
メールの場合、回答する上で必要な情報が書かれていなかったりすることもあり、
「〇〇についてはどうですか?」と返信し、お客様の返信を待たなければならなくなります。

やり取りする回数を減らすことはお客様にとって負担を軽減することにつながります。

また、お客様にとっても答える項目が明確ですので入力しやすくなることも考えられるでしょう。

お問い合わせフォームがついた士業向けホームページが初期費用¥78,750から!